— —

コラム『横すわりをやめるべきか?』

正座や横すわり、椅子など生活習慣での姿勢が身体の痛みと関連が強くある場合はよくあります。
無難に行けば、「それやめといてください」なんですが、
・それをやめとけない事情、環境を考慮すること
・それは本当に痛みの原因なのか探ること
が本当に大切だなって感じました。
クライアントさんの日常生活まで考慮することは、時間の関係もありなかなか難しいところですが今回はうまくお話ができたように思えます。