未分類

気づきの解剖学、セミナー受講者からいただいたご感想

昨年10月、健康道場サラシャンティにて開催させていただきました『触って動いて 気づきの解剖学~入門編』の受講者の方の感想文がサラシャンティ会報『出会い68号』に掲載されました。

会報より内容を抜粋させていただきます。

<勝部喜成さんのご感想>

気 づ き の 解 剖 学 」は 気 づ き が 一 杯 ! 私 は 5 0 代 の 男 性 で す 。
最 近 、少 し 腰 痛 が 出 て き た こ と も あ り 、気 づ き の 解 剖 学 と い う 怪 し い タ イ ト ル に 引 か れ て 、こ の 講 座 を 申 し 込 み ま し た 。

会 場 は 多 く の 参 加 者 で 熱 気 ム ン ム ン で し た 。
内 容 は さ て お き 、先 生 の 声 が い い ! ス タ ッ フ の か た も 親 切 で 、 楽 し く 受 講 さ せ て い た だ き ま し た 。
健 康 に な る は ず の 体 操 で 身 体 を 痛 め る こ と が あ る 、身 体 を 知 る こ と が す ご く 大 切 で あ る こ と が わ か る 講 座 で し た 。

ワ ー ク が 始 ま り ま し た 、身 体 に シ ー ル を 貼 っ て ( 肩 、足 の 付 根 、く る ぶ し )姿 勢 の 評 価 で す 、あ ん の じ ょ う 、足 の 付 根 が 前 に 出 て い ま す 。目 を つ ぶ っ て 足 踏 み 5 0 回 、ど れ だ け 位 置 が ず れ る か 、結 果 3 0 cm ぐ ら い 前 進 、び っ く り で す 。会 場 は キ ャ ッ キ ャ と ざ わ め い て 、皆 さ ん 歪 ん で い る よ う で 楽 し そ う で す !

先 生 か ら 質 問 で す 、「腰 に 関 係 す る 言 葉 を あ げ て 下 さ い 」と の こ と 。

「腰 が 抜 け る 」「腰 を 入 れ る 」・・・ と あ が り 、最 後 に 「腰 を 回 す 」が で て 、先 生 が ニ ヤ リ 、「腰 を 回 す こ と は で き ま せ ん 」と 、び っ く り で す 。
そ こ で ワ ー ク 、歩 く 動 作 を し て ど こ が 動 い て い る か 確 認 し ま す 。 腰 あ た り か な と 思 い き や み ぞ お ち あ た り の 背 骨 と の こ と 、な る ほ ど 背 骨 が 動 い て い ま す 。
自 分 の イ メ ー ジ と 実 際 の 身 体 の 動 き が 一 致 し て い な い こ と に び っ く り で す 。
回 ら な い 腰 の 回 転 を イ メ ー ジ し て い た こ と が 腰 痛 に 繋 が っ て い た の か な と 感 心 し ま し た 。芸 能 人 の 武 井 壮 さ ん の 「自 分 の 思 い 通 り に 身 体 を 動 か せ な け れ ば 、い い 結 果 は 出 せ な い 」の 例 え も 話 さ れ 、イ メ ー ジ と 実 際 の 動 き を 一 致 さ せ る こ と の 大 切 さ を 実 感 し ま し た 。 も っ と 身 体 の こ と を 一 杯 知 っ て 、一 杯 気 づ き た い と 思 い ま し た 、

先 生 は 姿 勢 バ ラ ン ス 研 究 所 (モ メ ン タ ム )で 診 察 も さ れ て い ま す 、ま た モ メ ン タ ム ニ ュ ー ス レ タ ー の 配 信 も さ れ て お り 、早 速 申 し 込 み ま し た。 身  体 に 気 づ き 、自 身 で 健 康 に な っ て い く 、と っ て も わ く わ く し ま す 、こ れ か ら も よ ろ し く お 願 い い た し ま す 。

<岡 田 容 子 さんの感想>

十 月 二 十 八 日 、「気 づ き の 解 剖 学 入 門 編 」に 参 加 さ せ て い た だ き ま し た 。

渡 辺 友 和 先 生 は 『 momentum 姿 勢 バ ラ ン ス 研 究 所 』を 主 宰 さ れ、姿勢講師・鍼灸師・ヨーガインストラクター等、多 彩な顔をお持ちです。
フィットネスクラブの会員に 身体をいためている人が多いことに驚き、「健康の ために行うボディワークでなぜかえって身体をい ためてしまうのだろう」と疑問に思ったことがこの 道に入られるきっかけだったそうです。

一般に、マッサージや整骨院に行ってその時は少 し症状が軽くなったように感じても、数日もする と戻ってしまい根本的な治療にはなっていかないこ とが多い。そこで、その人にぴったり合ったエクサ サイズのやり方を伝えて自分自身で日々それを行 うことにより、自分の力で調子を上げていけるよ うサポートすることができないだろうかと先生は 考えた。
「解剖学」というとっつきにくい題名にあえ てしたのは、身体の仕組み全体からとらえていく ことの大切さに気づいてほしいという願いが込めら れているということでした。

以下、印象的だったことをいくつか。

〇人と比較してつい無理をしたり、頑張ってやり すぎたり(量が多い)、ということの他に「イメージ と動きが一致していない」ことがストレスになる。 武井壮は自分が上手にやっている イメージがすぐにできるから、 どんなスポーツでもうまく こなせる。[指遊びワーク] 右手と左手で折る指を一本ずら して「一、二、三」と口に出しな がら指を順に折っていく。非常にやりにくく、スト レスを感じる。身 しん ・口 く ・意 い の一致が大切!

〇歩く時のねじれの中心は胸椎の七番あたりねじりのポーズをする時は、腰を回すのではなく 胸椎七番をぐっと上げ、腹を締めて竜巻のように らせんを描いて回すイメージで行うとよい。

その他、呼吸について・関節ポキポキ問題・背筋の 左右バランス・ストレートネックの治し方等々、受 講者の質問に答えながら丁寧なアドバイスがあり ました。
二人組でワークすることが多かったのですが、そ れぞれの身体がこんなにも違うのだとあらためて 驚き、身体全体のつながりをイメージすることの 大切さを知ることができたと思います。 ひとりひとりの身体がもっとしなやかに軽やかに 、ふんわりやわらかくなるように、役立つアドバイ スをたくさんいただきました。 どうもありがとうございました。

次回は『脊柱・骨盤編』がサラシャンティさんにて、2月17日13:30~15:30で開催いたします。

ご興味をおもちくださった方、一緒に身体のしくみを学び、自分のからだのことをもっと知って、もっと自分と仲良くなるための気づきを一緒に得ていきましょう!!

コメントを残す