姿勢と健康

私って首猫背!?って感じたら重症度レベルをセルフチェックで確かめてみよう

頭が前に出ててうなだれているような姿勢や慢性的な首こりに悩まされている方はは『首猫背』になってしまっているかもしれません。

首猫背の方は、一般的な肩こり解消体操(エクササイズ)ではうまく楽にならないことが多いです。

また、気づいてから悪化のスピードが早いので、その気配があれば早めの対策が重要になってきます。
そうしないと首こりとずっと付き合っていかないといけませんし、それ以上に首からの神経痛や頭痛などに悩まされてしまうことが考えられます。

そこで、まずは現状を確認してみましょう!

真横の風景が見えますか?天井が見えますか?

身体を回さずに首だけ回してみましょう。

このとき、真横の風景が確認できればまずは動きはオッケーでしょう。
できれば首に突っ張りなどなければなおいいですが、回ればまずはよし!としておきましょう。

次は天井を見ていきます。

あまり無理をするとしんどくなりますので軽くやってみてできそうならグイッといきましょう。

この時点で両方ダメだったら最終チェックです。

あごが喉につくくらい下に向けますか?
これができなかったら完全な赤信号!首は明らかに問題ありです。

アラブのダンスのように首をクネクネしてみましょう!

きれいにできなくても構いません。首を左右と前後にスライドさせることはできますか?
左右はできなくても構いませんが、前後の特に後ろができない、動かせない場合は首猫背の可能性大です。

首猫背の方は、頚椎の動きが硬くなり、筋肉もガチガチになってますからこの動きがまずできなくなります。
もしくはやろうとすると首の後ろがパーン!と緊張しているのがわかります。

頭と肩の位置関係を最後にチェック、前に頭が出ていたらやっぱり首猫背

動きのチェックで首猫背っぽかったら、まず間違いないと思っていいのですが、念のため位置関係もみておきましょう!
肩の真ん中と耳の穴の位置関係です!
頭がかなり前に出ていたら首猫背ですね。

中には、意外に縦にそろっているのに首猫背という『隠れ首猫背』の方もいます。
それは、肩が内に巻いてて前に出ている方です。

縦に比較的そろっているように見えても肩の状態がどうかは確かめてみてください。

首猫背度が高い人は、坂道を転がり落ちる前に早めの対処を!

首猫背は、いったんなると一般の猫背よりもスピードが速く坂道を転げ落ちるように進行します。
間違いなく自然に改善することは期待できません!

今ならまだ間に合うかもしれません!坂道を転がり始めたボールのようなものですから加速する前にまずは坂道の角度を減らして勢いをゆるめないと手が付けられなくなってしまいます。

カチカチになって動きが取り戻せないどうしようもない状態になる前に対策を立てて改善に取り組みましょう!

コメントを残す